リブ君

【リブ君】

偶然に出会った優しい保護主さんが付けてくれた名前は、
「今を一生懸命生きる」「明日を生きる」という願いを込めて、
【live=生きる】という素敵な名前をもらったリブ君。

溝に挟まって動けず泣いていた所を保護され、
下半身がまったく動かず熱もあり、安楽死の話を出されるほど最悪な状態でしたが、
保護主さん(そのまま飼い主さんになられました!)が一生懸命病院に連れて行き、
愛情いっぱい注いでもらって、
名前の通り、一生懸命10日間生きました。


保護時に見させてもらった時は、
体が血だか泥だかで汚れ、下半身がブラ〜ン・・・  元気も無いように見えた子猫。
一週間後、元気になった姿を見せに来ていただいた時は(↑上の写真)、
手だけの力で力強く動き、生き生きとした目をして、「飼い猫」の顔になっていました。

脊髄損傷のための下半身麻痺で、自分で排泄ができなかったリブ君は、
排泄時には、飼い主さんの手助けが必要でした。
熱も上がったり下がったり・・・
この調子で元気になって欲しい!と、みんなで願っていましたが、
子猫の彼には、やはり大きすぎる怪我だったのかな・・・。


10日間だけだったけど、
それはそれは、とても大切に「家族」の一員として暮らしていたのがよくわかるほどに、
リブ君の色んな表情の写真を、たくさん送って下さいました。

リブ君
リブ君
リブ君

あの日、あのまま、あの場所に放置されていたら、
間違いなくこの子は、人知れず道端で息絶えていたでしょう・・・。

10日間だけだったけど、
とても優しいママができて、いっぱい可愛がってもらって、たくさん愛情を注いでもらって、
幸せな最期だったに違いありません。
リブ君、いい人に助けてもらってよかったね。
きっと、リブ君が呼んだんだよね!


お花をたくさん敷き詰められた最期の写真も見せていただきましたが、
(棺桶の中には、ぬいぐるみや飼い主さんからのお手紙も添えられていました)
まるで眠っているかのような安らかな姿でした。


お店にご来店いただいた、記念すべき第1号の猫のお客様は【リブ君】でした。
初ご来店の日=元気な姿を見れた最後の日、となってしまいましたが、
一生懸命に生きた証として・第1号の猫のお客様の記念として、
お店に写真を貼らせてもらうねぴかぴか


ずっとずっと先になると思うけど、
虹の橋のたもとで、いつかまた大好きな飼い主さんに再会できるまで、
自由になった足でたくさん走り回って遊んで待っていてね!


可愛い姿、力強く生きようとする姿、
たくさん見せてくれてありがとう!
そして、飼い主さん。
大きな怪我を負った子を家族にしようと決断し、通院・看病の日々、
精神的にも体力的にも、とても大変だったと思います。
お疲れ様でした。
そして、ありがとう。




猫 尼崎市動物愛護センターで収容中の犬猫を助けて下さい!→こちら
猫 尼崎市動物愛護センター →こちら (収容猫が減るどころか増えてるし!!)




バナー
 

  • -
  • 00:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment
例の親切な方が保護してくれた猫ちゃんですか
10日間だけでしたか・・・(;;)
でも暖かいおうちで、最後は看取られてきっと幸せにいってくれたと思います
少しの間でも、愛されたことはきっと大事なことだと思います
今は元気でお空を走り回ってることですね(^^)
リブ君、いつかお空見た時に雲となって会えたらいいな・・・
>ゆりさん。

そうなんです。
この子が、例の親切な方に助けてもらったリブ君。

たった10日間でしたが、
愛情たっぷりの密度の濃い幸せな10日間だったと思います。
写真見せてもらっても、愛されてるな〜とわかるような、良い表情の写真ばかりで。

下半身が動かなかったので、今はお空で自由になった足で走り回っていることでしょう。
  • 姉スタッフ
  • 2014/06/25 01:12
残念とか、そういう言葉では片付けきれないですね。
でも、10日間だったけど良かったです。愛されて良かった。
生まれて間もないこんな小さな子が溝にはまって下半身動かなくなってしまったけど、この世もそんなに悪くないって保護主さんと出会って思ったはずですよね。
>なめいさん。

10日間だけだけど、
思いっきり深い愛情を注いでもらい、可愛がってもらい、看病してもらったリブ君の気持ちと、
初めての猫飼いが、大きな怪我を負った子猫で、
それでも一生懸命に通院させ、排泄の手助けをしたり、ご飯を食べさせたり可愛がっていた子が、
パタッと消えるようにいなくなってしまった飼い主さんの気持ちを考えると、
もう涙が止まらなくてね・・・
何年ぶりだろう?というほどに、声をあげて大泣きしました。

溝の上に、金属の蓋みたいなのが敷いてありますよね?
それがズレて、そこに挟まっていたようです。痛かったと思います。
でもそれって、人間のために作られた物なんですよね・・・。
重い金属が簡単にはズレないはずだから、
人間がなんらかのかたちでズラしたのを放置してたのが原因じゃないか?と思えます。
犠牲になるのは、いつも動物なんですね・・・。

どうか天国では、痛くない足で走り回っていてほしいです。
  • 姉スタッフ
  • 2014/06/25 23:36





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

お店の場所

兵庫県西宮市鳴尾町五丁目4-15 (阪神鳴尾駅から徒歩3分・阪神甲子園駅から徒歩11分)

地図

メールアドレス

nekosan@mx5.canvas.ne.jp

TEL&FAX

0798-48-0228

カウンター

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM