現在、尼崎市動物愛護センターに2匹の成猫が収容されています。

同じ飼い主からの持ち込みだそうで、避妊去勢手術も済んでおり、
人に慣れていて、大人しく飼いやすい子たちです。
優しい表情をした子たちです。

尼崎 尼崎


尼崎
尼崎

どんな事情があったのかは解りませんが、共に暮らしていた家族のはずです。
愛護センターに持ち込む以外に方法はなかったのでしょうか?
里親募集をするとか、色々と方法はあるだろうに・・・。

この子たちは、
殺されてしまうかもしれない今の自分の状況を、どう感じているのでしょう?
そんな事も知らないキレイな目をしてね・・・。


センターの職員は、持ち込んで来た人に対して、殺処分前提であることを話されるそうです。
それでも置いて行く人が後を絶たないらしく、とても考えられません。

命のカウントダウンは始まっています。
罪の無い可愛いこの子達の命を救ってくださいませんか?!


センターに直接連絡されるか、右横リンク先の「ニャーワン エージェント」に連絡されるか、
あるいは、当店でもかまいません。
優しい手を差し伸べてくださる事を願っています。


猫飼い歴が長い私からひとこと。
どうしても子猫が人気になりがちですが、
時間と手のかかる子育て(猫のね)からひと段落した成猫は、とても飼いやすいと思います。
成猫にも目を向けてほしいな・・・。


こちらより一部抜粋させていただきました。
 ご確認くださいませ。



バナー
 

  • -
  • 02:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
誰にどんな事情があるかなんていうのは、人それぞれだからその点に関しては何も言えないけれども、そんなして大事な家族を見放していく心境を理解はできない。まりりさんが言うとおり、愛護センターに持ち込む以外に方法はなかったのか、里親募集をするとか色々と方法はあるのにと思います。しかしそれでも、殺されるのが分かっていて持ち込んできたうえで、了承し置いていくというのはどれだけの環境なのだろうかと、手を差し伸べてくれる仲間や家族友達はいないのかと思ってしまいます。
>なめいさんの相方さん。

大切だったはずの猫を見放す人もいれば、
捨て猫や野良猫に手を差し伸べて保護してくれる人もいて、
出会う人間によって、猫のニャン生が大きく左右されてしまう、
猫自信ではどうにもできない運命に、色んな事を感じずにはいられません。

今日、ケガをして動けない仔猫を保護し、病院に連れていってくれた親切な人に遭遇しました。
この仔猫にとって、出会った人が親切な人でよかった。
心無い人に捕まってたらどうなってたか・・・。
想像するだけで恐ろしいです。

愛護センターの「愛護」とは名ばかりで、最終的には殺処分が前提なので、
やはりどんな理由であれ、一緒にいた家族を持ち込むのはどうなんだろう・・・ と思ってしまいます。
相談する人がいなかったのかな?
里親募集という方法を知らなかったのかな? とかも想像できますが、
う〜ん・・・ やっぱり自分に置き換えると、
持ち込みなんてとても出来ません。
  • 姉スタッフ
  • 2014/06/11 01:46





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

お店の場所

兵庫県西宮市鳴尾町五丁目4-15 (阪神鳴尾駅から徒歩3分・阪神甲子園駅から徒歩11分)

地図

メールアドレス

nekosan@mx5.canvas.ne.jp

TEL&FAX

0798-48-0228

カウンター

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM