置き物

昨日保護した、事故で亡くなっていた猫。
まさに、↑こんな感じの子でした。(これは当店の商品ですが)
ほとんどが黒色で、手足の先っちょだけが白い子。
顔は血まみれだったので、どんな柄だったかは確認できませんでしたが・・・。

7日の朝一で、ニャーワンプラネットさんに教えていただいた霊園へTEL。
あいにく、ウチに運転手がいなくて、自力で連れて行く事ができなかったため、
お迎えに来てくれる霊園を探していました。
お店に行くまでに来ていただこうと思っていたのですが、予約が埋まっており、
夕方のお迎えになってしまうとの事。
母と妹に任せるとして、お店にいる私は立ち会えないんだろうな・・・と思っていました。
合同火葬をお願いし、別料金で名前のプレートを立ててくれるとの事でしたが、
野良猫で名前が無かったので、名前プレートは要らないと伝えました。

予約の電話を済ませ、あと少し眠れる時間があったので、二度寝しました。
その時! こんな夢を見ました。
夢の中で、その亡くなった野良猫が出てきて(夢の中でも亡くなっていました)、
そこで呼ばれていた名前が、「そんざいまる」。
夢の中なので、おかしな名前ですが、ひらがなで「そんざいまる」と名付けられていました。

起きてからも、ハッキリと覚えていた名前。
もしかしたら・・・  名前プレートは不要です。と伝えた直後だったので、
名前プレートを作ってほしくて、夢に出てきたのかしら?? と、そんな気がして、
霊園に電話し直しました。
「やっぱり、プレート作って下さい」と。

「そんざいまる」→「存在まる」? 「存在『まる』」??
もしや、「まる」と呼ばれていたのでは?!
真相はわかりませんが、夢で呼ばれていたまま「そんざいまる」で作ってもらう事にしました。

夕方のお迎えに、私は間に合わないと思っていたのですが、これまたビックリ。
お店を閉めて帰宅した時、
ちょうど、お車が到着したところで!  間に合いました!!
母と妹が猫を連れて来てくれたので(一晩、妹の家に安置していました)、そこに合流し、
みんなでお見送りする事ができました。

まるちゃん・・・(なのかな?)。
またいつか生まれ変わっておいでね。
その時は、野良猫じゃなくて、お家の猫になって、幸せに長生きしようね。






【ありがとうございますプレゼント

アビーちゃんママさんから、トイレ砂とシートをご寄付いただきました!
重いのにわざわざ持ってきて下さり、ありがとうございます揺れるハート
いただきもの
ニャーワンプラネットさんに、お渡しさせていただきますね。
優しいお気持ちを、ありがとうございました!






【里親さん大募集!】

ニャーワンプラネット」では、たくさんの保護猫の里親募集をされています。
詳細は「ペットのおうち」に掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。
よろしくお願い致します!



 ラブ No Cat,  No Life ラブ



バナー

6日夜、ららぽーと甲子園のすぐ近くで、
交通事故に遭って倒れている猫を保護しました。
猫も道路も血まみれで、顔はグシャグシャ、目玉が飛び出していました。
頭が当たったのでしょう・・・。
即死で、苦しむ時間が一瞬だったと思ってあげるしかないです。

轢いた車! どんだけスピード出しててん!!
ゆっくり走っていたら、避けられた事故かもしれないのに!

妹と一緒に、抱っこして箱に入れてあげた時、
まだ温かくて、柔らかかったです。
ずっしりと重くて、4〜5kgはあったでしょうか。
血まみれで無残な姿だったので、すぐにタオルに包みました。
ちゃんと見ていないのですが、この重さは男の子かな・・・。
体のほとんど黒色だけど、手足の先だけが白い子。
その白い手も、血で真っ赤になっていました。
箱にお花とフードをたくさん詰めてあげました。

7日(日)朝に、
ペット霊園に来ていただく予定です。
なので、
もしかしたら、オープン時間の11時に間に合わないかもしれません。
万が一、オープン時間が遅れてしまったらゴメンなさい。


野良猫の平均寿命は、3〜5年と言われていますが、
クロちゃん(仮名)のニャン生はどれくらいだったんだろう・・・。
幸せに過ごしていたのかなぁ。
まさか事故で死んでしまうなんて、思いもしていなかったでしょう(>_<)
可哀想な子。
やっぱり、なんとしても野良猫は減らしたい!
立派に生き抜いたクロちゃん、しっかり供養してあげようと思います。






【里親さん大募集!】

ニャーワンプラネット」では、たくさんの保護猫の里親募集をされています。
詳細は「ペットのおうち」に掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。
よろしくお願い致します!



 ラブ No Cat,  No Life ラブ



バナー

奈々ちゃん

昨年12月、ガンの闘病を経て、虹の橋を渡ってしまった、
ニャーワンプラネットさん所の「奈々ちゃん」。→こちら

その奈々ちゃんが、
Loft&fab のサイトで、晴れ着姿の作品となって紹介されています!
キレイで美人さんだった奈々ちゃん。
奈々ちゃんが、この世でしっかり生き抜いた証です。
こうして、すぐに目につく所に置いておける品に加工できるのって良いですね。
ご覧になってみて下さいね。
こちら






【里親さん大募集!】

ニャーワンプラネット」では、たくさんの保護猫の里親募集をされています。
詳細は「ペットのおうち」に掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。
よろしくお願い致します!



 ラブ No Cat,  No Life ラブ



バナー

ラブ

長い入院で頑張っていたラブちゃん。
↑写真は、骨折も治り、そろそろ里親募集ができる〜!と言っていた頃の元気な時。
そこから、アッという間にFIPの症状が出て悪化し、痩せ細り、
とうとう18日、天国へと旅立ってしまいました・・・。

亡くなる前日も、ニャーワンプラネットさんは病院へ向かい、
復活の奇跡を信じて、お見舞いして来られました。
その時も、ラブちゃんは、ほとんど残っていない力を振り絞って、
ニャーワンさんの指を甘噛みし、「ニャー」と鳴いてくれたそうです。

ラブちゃん
亡くなる前日のラブちゃん。
こんな状態でも、ボランティアさんに甘える仕草をしたそうです。

交通事故で骨折しているところを保護され、
動けない状態から、やっとこさ治り、里親募集が開始できそうだと思っていたら、
次はFIP陽性が発症しまったラブちゃん。
不幸が続いてばかりで、最後には、あまりにも短いニャン生を終えてしまいました。
「何のために産まれて来たのかと思ってしまいます・・・」 と、
悲しみにくれるボランティアさんからメールがきました。
先日は奈々ちゃんが旅立ったばかり。
なんということでしょう。

ラブちゃんの生涯は、ちゃんと意味があったと思います。
こうしてラブちゃんの事を書いていた事もあり、ブログをご覧になってるお客様から、
「FIPって初めて聞きました」と、その病気の事を初めて知った方もおられますし、
一度発症すると亡くなる可能性が高い病気である事、ワクチンや治療薬が無い事、
ラブちゃんを通して、多くの方に知っていただけたと思います。
丸々お目目の可愛いラブちゃんのお顔、たくさんの人に見てもらえたと思います。

ラブ
可愛い可愛いラブちゃん。
天国で、先に行ってしまったたくさんの猫ちゃん達と、仲良く楽しく過ごしてね。
かわいい姿、頑張ってる姿、たくさん見せてくれてありがとう。






【里親さん大募集!】

ニャーワンプラネット」では、たくさんの保護猫の里親募集をされています。
センターに収容され、緊急の子もいます!
ペットのおうち」にも掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。
よろしくお願い致します。





【猫を探しています!】

お客様の愛猫ちゃんが、甲子園浦風町でいなくなり、必死で捜しておられます。
心当たりのある方は、ご連絡お願い致します。
貼り紙



 ラブ No Cat,  No Life ラブ



バナー

奈々ちゃん

何度も登場している、ニャーワンプラネットさんとこの「奈々ちゃん」。
入退院を繰り返していて、10日ほど前に、
「食欲も出てきて、もうすぐ退院できそうです!」 と書いたところだったのですが、
14日に、病院で亡くなってしまったそうです・・・。
ガンでした。

悪性腫瘍の検査もしてもらったのに、その時は見つからず「陰性」で。
ニャーワンさんも安心されていたのに、体調が良くならないから再度入院し、
十二指腸と小腸の間にガンが発見され、手術が難しい場所に出来てしまったため、
13歳でまだまだこれから!という時に、とうとう天国へ旅立ってしまいました。

子猫の時に保護された奈々ちゃん。
13年の月日を、ボランティアさん家族に寵愛されて共に生きました。
奈々ちゃんは、どこに行っても、
「かわいいね」「べっぴんさんやね」って言われていたそうで、
そのまんまのキレイな顔立ちで、天国へと旅立ってしまいました。

たくさんの保護猫がいるため、看取る回数も多いボランティアさんは、
亡くなるたびに落ち込み、とてもブログに書く気分にならない・・・ との事で、
私が代わりに皆様にお知らせさせていただきます。

何度も登場してる、奈々ちゃんやラブちゃんの事など心配されて(こことかこことか)
「今どうしてるの?」と聞かれるお客様もいらっしゃるので、
悲しいご報告になってしまいましたが、皆様にお知らせさせていただきました。


ちなみに、ラブちゃん。
そろそろ里親募集を開始しよう!と思っていた矢先にFIPが発覚し、
今も入院中で、長い闘病をしているそうです。
どんどん痩せてきて、点滴だけで生き延びているとは聞いていましたが、
今は神経症状も出てきて、体がダラ〜ンと伸びきってしまっているそうです・・・。
神経が麻痺しているため、痛みを感じない事だけが救いだと。

ラブちゃん!
まだあっちに行ったらアカンよ!
奇跡を信じて、快復を願います。





【 ありがとうございますプレゼント 】

まりもちゃんママから、ニャーワンプラネットさんへ、
クリスマスプレゼントをいただきました!
いただきもの

奈々ちゃんやラブちゃんの事で落ち込んでおられるところだったので、
「ありがとうございます!」って、とても感謝されていました。
いつもご協力いただき、ありがとうございます。

そして、私までクリスマスプレゼントをいただいてしまいました揺れるハート
傷だらけの手で接客してる事が多いのですが(←犯人は「ぼったん」)、
そんな傷の手にも使えるハンドクリーム!
乾燥肌なのでガサガサだし、ありがたく使わせていただきますね♪






【里親さん大募集!】

ニャーワンプラネット」では、たくさんの保護猫の里親募集をされています。
センターに収容され、緊急の子もいます!
ペットのおうち」にも掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。
よろしくお願い致します。





【猫を探しています!】

お客様の愛猫ちゃんが、甲子園浦風町でいなくなり、必死で捜しておられます。
心当たりのある方は、ご連絡お願い致します。
貼り紙



 ラブ No Cat,  No Life ラブ



バナー

ニャーワンプラネット」さんのブログをご覧になってる方は、
すでにご存じかもしれませんが、
つい先日、ニャーワンプラネットさんのご自宅の庭に置き去りにされた子猫。
ダンボールを密閉した中に、かつお節とともに入れられて、置かれていました。

箱

極度の栄養失調で下半身不随になっていた「のぞみちゃん」。
生きて欲しい! という願いを込めて、ボランティアさんがつけた名前。

のぞみちゃん

ニャーワンプラネットさんがすぐに病院に連れて行き、
先生に最善を尽くしてもらいましたが、天国へ行ってしまいました・・・。

事故でもなく病気でもなく、餓死。
こんな可哀想な事なんて無いです。
涙が止まりません。
猫缶なんて、100円玉があれば買えるのに・・・ 何も食べれなかった子猫。
何のために産まれてきたの? 半年間、何を楽しみに過ごしていたの?
のぞみちゃんの死を無駄にしたらいけないです。


声をあげて言いたいです。
エサやりさんは、エサをあげるだけでなく、まずは避妊・去勢手術をして下さい。
でないと、また産まれて、そしてまた産まれて・・・
のぞみちゃんみたいに飢餓状態になる子や、事故に遭う子、短命になってしまう子、
虐待の標的にされる子が増えるだけです。

たしかに、手術代は高いですよね。
でも、それで躊躇しているのであれば、うちに聞いていただければ、
とても安く手術してくれる病院を知っていますので、お教えできます。
遠慮なくおっしゃって下さい。

いっその事・・・
ペットショップ(生体販売)や、ブリーダーが無くなればいいのにと思っています。
これはあくまでも私の考えですが。 昔っからそういう思いなんです。
買う人がいなくなれば、生産しなくなる。 故意に増やすことは無くなり、
保護猫や野良猫に手を差し伸べてくれる人が増えるハズ・・・ って思うんですよね。
だって、どの子も、どんな柄の子でも、猫は猫だから。
ネコ好きさんは、どんな猫でも好きでしょ?

猫部屋

ペットショップやブリーダーから「買う」前に、
保護猫達に目を向けていただきたいなと思います。

里親募集中の猫達は、ニャーワンプラネットさんとこに限らず、
日本中あちこちに、それはそれはたくさんいます。
そういうところから「飼う」ことにしてもらえれば、
ボランティアさんは、また新たな野良猫達のTNRや、里親募集できます。


のぞみちゃん。
天国ではおなかいっぱいご飯食べるんだよ・・・!




ニャーワンプラネット」では、たくさんの保護猫の里親募集をされています。
緊急の子もいます!
ペットのおうち」にも掲載されていますので、ぜひご覧くださいませ。
よろしくお願い致します。








【猫を探しています!】

お客様の愛猫ちゃんがいなくなり、必死で捜しておられます。
心当たりのある方は、ご連絡お願い致します。
貼り紙



 ラブ No Cat,  No Life ラブ



バナー

リブ君

【リブ君】

偶然に出会った優しい保護主さんが付けてくれた名前は、
「今を一生懸命生きる」「明日を生きる」という願いを込めて、
【live=生きる】という素敵な名前をもらったリブ君。

溝に挟まって動けず泣いていた所を保護され、
下半身がまったく動かず熱もあり、安楽死の話を出されるほど最悪な状態でしたが、
保護主さん(そのまま飼い主さんになられました!)が一生懸命病院に連れて行き、
愛情いっぱい注いでもらって、
名前の通り、一生懸命10日間生きました。


保護時に見させてもらった時は、
体が血だか泥だかで汚れ、下半身がブラ〜ン・・・  元気も無いように見えた子猫。
一週間後、元気になった姿を見せに来ていただいた時は(↑上の写真)、
手だけの力で力強く動き、生き生きとした目をして、「飼い猫」の顔になっていました。

脊髄損傷のための下半身麻痺で、自分で排泄ができなかったリブ君は、
排泄時には、飼い主さんの手助けが必要でした。
熱も上がったり下がったり・・・
この調子で元気になって欲しい!と、みんなで願っていましたが、
子猫の彼には、やはり大きすぎる怪我だったのかな・・・。


10日間だけだったけど、
それはそれは、とても大切に「家族」の一員として暮らしていたのがよくわかるほどに、
リブ君の色んな表情の写真を、たくさん送って下さいました。

リブ君
リブ君
リブ君

あの日、あのまま、あの場所に放置されていたら、
間違いなくこの子は、人知れず道端で息絶えていたでしょう・・・。

10日間だけだったけど、
とても優しいママができて、いっぱい可愛がってもらって、たくさん愛情を注いでもらって、
幸せな最期だったに違いありません。
リブ君、いい人に助けてもらってよかったね。
きっと、リブ君が呼んだんだよね!


お花をたくさん敷き詰められた最期の写真も見せていただきましたが、
(棺桶の中には、ぬいぐるみや飼い主さんからのお手紙も添えられていました)
まるで眠っているかのような安らかな姿でした。


お店にご来店いただいた、記念すべき第1号の猫のお客様は【リブ君】でした。
初ご来店の日=元気な姿を見れた最後の日、となってしまいましたが、
一生懸命に生きた証として・第1号の猫のお客様の記念として、
お店に写真を貼らせてもらうねぴかぴか


ずっとずっと先になると思うけど、
虹の橋のたもとで、いつかまた大好きな飼い主さんに再会できるまで、
自由になった足でたくさん走り回って遊んで待っていてね!


可愛い姿、力強く生きようとする姿、
たくさん見せてくれてありがとう!
そして、飼い主さん。
大きな怪我を負った子を家族にしようと決断し、通院・看病の日々、
精神的にも体力的にも、とても大変だったと思います。
お疲れ様でした。
そして、ありがとう。




猫 尼崎市動物愛護センターで収容中の犬猫を助けて下さい!→こちら
猫 尼崎市動物愛護センター →こちら (収容猫が減るどころか増えてるし!!)




バナー
 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お店の場所

兵庫県西宮市鳴尾町五丁目4-15 (阪神鳴尾駅から徒歩3分・阪神甲子園駅から徒歩11分)

地図

メールアドレス

nekosan@mx5.canvas.ne.jp

TEL&FAX

0798-48-0228

カウンター

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM